看護セミナーを受けてみよう

高度実践被ばく医療人材育成プロジェクトによる放射線看護セミナー

高度実践被ばく医療人材育成プロジェクトによる放射線看護セミナー 東日本大震災では原発事故により放射性物質が大量に放出され思いがけない被ばくを経験することになりました。
高度実践被ばく医療人材育成プロジェクトとは、通常の医療被ばくに加え、原発事故のような放射線物質汚染による被ばくに対応した医療人を育成するものです。
被ばく医療における看護はもちろんのこと、有事への対応となれば、病院以外の救護所での緊急対応も求められます。
また、原発事故などの場合は住民にすぐに発症するような事態がなくても、心理的な不安がつきまといます。
そういった方へは、被ばくリスクコミュニケーションなど教育も必要です。
これらの必要とされる知識をもった人材を育てるのが高度実践被ばく医療人材育成プロジェクトです。
その一環として、年に一回、放射線看護セミナーが行われます。
看護セミナーでのテーマはその年によって異なりますが、平成28年度の場合は「看護師に必要な放射線の基礎」をテーマにして放射線防護の基礎や、放射線過敏症といった話がなされました。
セミナーに関しては、放射線看護に興味のある看護師であればだれでも申し込むことができます。
福島の原発事故により、いつ身近に起こるかわからないことでありながら、特殊な内容であるだけに学べる機会は有効に活用したいものです。

脳神経外科看護セミナーのテーマ

脳神経外科看護セミナーのテーマ 看護のスペシャリストとして高度な専門知識やスキルを身につけている看護師は、病院やクリニックでなくてはならない存在として活躍しています。
看護師はそれぞれの担当診療科ごとにより深いテーマについて常に勉強を行っています。
定期的に開催されている看護セミナーでは、毎回異なるテーマを挙げてあらゆる角度から検証しています。
脳神経外科看護セミナーの場合には、脳梗塞などの治療後に片麻痺の後遺症が残ってしまった患者のリハビリについて詳しく解説しています。
身体的な訓練についてはもちろん、精神的なケアポイントの重要性を説いてどのようにすれば患者のQOLが向上するのか徹底的に話し合っています。
普段は出会えないさまざまな職場や環境のナースたちと接することによって、視野が大きく広がりさらなるレベルアップにもつながる効果もあります。
看護セミナーのテーマは自由に決めることかできますので、それぞれが興味のある内容について深く掘り下げるきっかけともなりますので、多くの医療専門職からも人気のあるセミナーといえます。
脳神経外科は命に関わるミスの許されない現場ですので、患者の痛みや辛さを少しでも和らげることができるよう看護師の役割が高まっているのです。

看護セミナーオススメサイト

看護の疑問を解決して、興味の高まるテーマが多数のセミナーです

看護セミナーに参加